9月18日更新!俺氏のガチ収支まとめ!収支表、実際の買い目あり!
7月月間利益:8,958,140円
8月月間利益:5,922,190円

第66回ボートレースメモリアル2020(下関SG)の予想!速報!出場選手、賞金、展望、アクセス情報まとめ

第66回ボートレースメモリアル2020(下関SG)アイキャッチ

第66回ボートレースメモリアル2020(下関SG)の予想

第66回ボートレースメモリアル2020(下関SG)とは

SG競走の一つ。前年の優勝者、前年のグランプリ優勝戦出場者、その年のオーシャンカップ優勝者、開催場以外の23場からの推薦レーサー、開催施行者の希望レーサーが出場する。

第66回ボートレースメモリアル2020(下関SG)の開催期間

2020年8月25日(火)〜8月30日(日)

第66回ボートレースメモリアル2020(下関SG)の出場資格

・前年度優勝者
・前年のグランプリ優勝戦出場者
・その年のオーシャンカップ優勝者
・開催される競艇場を除いた全ての競艇場から推薦された選手(各場2名ずつの46名「必ず優先出場選手を含めること」)
・開催競艇場の施行者が希望する選手
※優先出場以外の選手は開催年の後期A1級であること、および前年6月から開催年5月末までの出走回数160走

第66回ボートレースメモリアル2020(下関SG)の出場選手

早速選手を見ていくぞ
登録番号 選手名 級別
2992 今村 豊 A1
3388 今垣 光太郎 A1
3415 松井 繁 A1
3557 太田 和美 A1
3573 前本 泰和 A1
3590 濱野谷 憲吾 A1
3716 石渡 鉄兵 A1
3744 徳増 秀樹 A1
3779 原田 幸哉 A1
3780 魚谷 智之 A1
3783 瓜生 正義 A1
3822 平尾 崇典 A1
3854 吉川 元浩 A1
3897 白井 英治 A1
3942 寺田 祥 A1
3946 赤岩 善生 A1
3952 中澤 和志 A1
3960 菊地 孝平 A1
3961 谷村 一哉 A1
4024 井口 佳典 A1
4028 田村 隆信 A1
4030 森高 一真 A1
4044 湯川 浩司 A1
4061 萩原 秀人 A1
4063 市橋 卓士 A1
4064 原田 篤志 A1
4074 柳沢 一 A1
4075 中野 次郎 A1
4095 福来 剛 A1
4166 吉田 拡郎 A1
4188 久田 敏之 A1
4238 毒島 誠 A1
4262 馬場 貴也 A1
4266 長田 頼宗 A1
4296 岡崎 恭裕 A1
4320 峰 竜太 A1
4337 平本 真之 A1
4344 新田 雄史 A1
4350 篠崎 元志 A1
4371 西山 貴浩 A1
4444 桐生 順平 A1
4450 平高 奈菜 A1
4459 片岡 雅裕 A1
4477 篠崎 仁志 A1
4497 桑原 悠 A1
4503 上野 真之介 A1
4586 磯部 誠 A1
4686 丸野 一樹 A1
4688 永井 彪也 A1
4831 羽野 直也 A1
4848 仲谷 颯仁 A1
4885 大山 千広 A1

第66回ボートレースメモリアル2020(下関SG)の賞金

優勝賞金は3,900万円

第66回ボートレースメモリアル2020(下関SG)の展望

以下、公式サイト引用

各レース場推薦のトップレーサーが激突!

当地でSGが開催されるのは、海響ナイターが始まった2017年のチャレンジカップ以来。メモリアルとなれば、西田靖が優勝した1991年以来、実に29年ぶりだ。メモリアルは開催場を除く各レース場から2名ずつ、開催場は5名に加えてオーシャンカップ優勝者が選ばれるとあって、レース場を代表するトップレーサーが集結。選手自身が自力で出場権を手にできない大会だけに、いつも以上に地元の看板を背負っての戦いとなる。

下関推薦で出場するのは、地元エース・白井英治(山口)だ。今年は「メモリアルが最大の勝負どころ」と本大会優勝に照準を合わせてきた。「そのためにも2月と4月の下関両周年は絶対に獲って、メモリアルに集中したい」と話しており、2月下関G1周年では優勝。今節も有言実行へ。

同じく下関推薦の谷村一哉(山口)と原田篤志(山口)に、徳山推薦の今村豊(山口)と寺田祥(山口)も期待に応えるべく、全力を尽くす。特に今村は、SG最年長優勝の記録が懸かっている。地元SGを走る機会は「これが最後」の気持ちで、地元ファンの声援を力に変える。

遠征勢では、メモリアル2連覇中の毒島誠(群馬)が、誰も達成したことのない同一SG3連覇の大記録に挑む。当地海響ナイターの初代SG覇者でもある彼なら、偉業達成も決して夢ではない。

歴代最多のメモリアル3冠を誇る今垣光太郎(福井)、メモリアル連覇の実績がある瓜生正義(福岡)、メモリアル2冠の菊地孝平(静岡)の3名は、当大会と相性抜群だ。ほかにも、今年SGを制した吉川元浩(兵庫)、篠崎仁志(福岡)、徳増秀樹(静岡)や、濱野谷憲吾(東京)、前本泰和(広島)、原田幸哉(長崎)、井口佳典(三重)、田村隆信(徳島)、峰竜太(佐賀)、桐生順平(埼玉)らトップレーサーが、真夏のSGにふさわしいアツい走りを見せる。

峰竜太(みねりゅうた)選手

第66回ボートレースメモリアル2020(下関SG)1

毒島誠(ぶすじままこと)選手

第66回ボートレースメモリアル2020(下関SG)2

松井繁(まついしげる)選手

第66回ボートレースメモリアル2020(下関SG)3

第66回ボートレースメモリアル2020(下関SG)のアクセス

開催競艇場

ボートレース下関(下関競艇場)

住所

〒752-0934 山口県下関市長府松小田東町1丁目1

電話番号

083-246-1161

車でのアクセス

中国自動車道下関IC・小月ICから自動車で15分[15]、国道2号(国道9号重複)沿い。

電車でのアクセス

JR長府駅下車徒歩3分

バスでのアクセス

サンデン交通「長府駅前」または「長府駅」バス停で下車。
レース開催日には、JR下関駅など下関市内各地から無料バスが運行されている。

ボートレース下関(下関競艇場)について詳しくはここで書いてるから見てなー

下関ボートレース場(下関競艇場)を完全攻略!特徴・コースデータ情報あり!アクセス方法・施設の情報完備!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。