9月18日更新!俺氏のガチ収支まとめ!収支表、実際の買い目あり!
7月月間利益:8,958,140円
8月月間利益:5,922,190円

モーターボート大賞2020〜昭和VS平成〜(常滑G2)の予想!速報!出場選手、賞金、展望、アクセス情報まとめ

モーターボート大賞2020〜昭和VS平成〜(常滑G2)アイキャッチ

モーターボート大賞2020〜昭和VS平成〜(常滑G2)の予想

モーターボート大賞とは

その年にSG競走や周年記念を除くGI競走を開催しない競艇場で開催されるGII競走のことだ!

開催する競艇場は前年の梅雨時にSG競走、プレミアムGI競走開催地と同時に発表される。

モーターボート大賞2020〜昭和VS平成〜(常滑G2)の開催期間

2020年9月1日(木)〜9月6日(日)

モーターボート大賞2020〜昭和VS平成〜(常滑G2)の出場資格

日本モーターボート競走会から地元地区の選手を中心としたA1級、A2級の選手が選出される。

モーターボート大賞2020〜昭和VS平成〜(常滑G2)の出場選手

早速選手を見ていこう!
登録番号 選手名 級別
3591 後藤 孝義 A2
3623 深川 真二 A1
3721 守田 俊介 A1
3852 澤 大介 A2
3978 齊藤 仁 A1
3983 須藤 博倫 A1
3996 秋山 直之 A1
4055 吉田 俊彦 A2
4076 杉田 篤光 A1
4101 三井所 尊春 A1
4163 山崎 裕司 A2
4205 山口 剛 A1
4269 杉山 裕也 A2
4311 岡村 仁 A2
4335 若林 将 A2
4387 平山 智加 A1
4398 船岡 洋一郎 A2
4442 松竹 大輔 A2
4448 青木 玄太 A2
4494 河合 佑樹 A2
4502 遠藤 エミ A1
4504 前田 将太 A1
4512 高野 哲史 A1
4513 河野 真也 A2
4530 小野 生奈 A1
4535 北山 康介 A1
4537 渡邉 和将 A1
4561 藤山 翔大 A1
4565 西村 豪洋 A2
4573 佐藤 翼 A1
4580 長谷川 雅和 A1
4583 古田 祐貴 A2
4640 山ノ内 雅人 A2
4679 植田 太一 A2
4710 福田 宗平 A2
4713 白神 優 A1
4719 上條 暢嵩 A1
4736 高倉 和士 A1
4743 木村 仁紀 A2
4759 今泉 友吾 A1
4762 藤原 啓史朗 A1
4769 馬場 剛 A2
4776 竹田 和哉 A2
4787 椎名 豊 A2
4802 中田 達也 A1
4824 松井 洪弥 A2
4826 井上 一輝 A2
4880 澤崎 雄哉 A2
4907 小池 修平 A1
4910 中村 泰平 A1
4914 吉田 裕平 A2
4983 前田 篤哉 A2

モーターボート大賞2020〜昭和VS平成〜(常滑G2)の賞金

優勝賞金は400万円

モーターボート大賞2020〜昭和VS平成〜(常滑G2)の展望

以下、公式サイト引用

好メンバー集結でハイレベルのV争い!

2018年4月以来、約2年5カ月ぶりにボートレース常滑で「G2モーターボート大賞~昭和VS平成~」が開催される。日程は9月1日から6日までの6日間。そのメンバーだが、SGタイトルホルダー3選手に加え女子のトップクラス3選手も参戦しており、なかなかの充実度で連日、ハイレベルのバトルでファンを熱くさせてくれそうだ。

そんなシリーズのV候補が激突するドリーム戦は初日、2日目と2レース組まれている。予定されているメンバーを紹介すると初日は1号艇・深川真二(佐賀)、2号艇・秋山直之(群馬)、3号艇・山口剛(広島)、4号艇・前田将太(福岡)、5号艇・守田俊介(滋賀)、6号艇・齊藤仁(東京)。2日目は1号艇・遠藤エミ(滋賀)、2号艇・上條暢嵩(大阪)、3号艇・小野生奈(福岡)、4号艇・渡邉和将(岡山)、5号艇・平山智加(香川)、6号艇・高野哲史(兵庫)となっている。このドリームメンバーから優勝者が出る確率はかなり高いとみている。

その中でもV候補の筆頭に指名したいのが2015年の浜名湖、2018年の蒲郡と2度のSGダービーを制覇している守田だ。特に2015年にはSGダービーの優勝賞金を全額寄付するという男気を見せた守田にファンの誰もが称賛。レースもやることもスケールが大きいのが守田という男。今年の守田はクラシック、オールスターで優出するなどSG戦線でもまずまずの結果を残しており、よほどの平凡機を引かない限り、V戦線をリードしていく。

山口も有力なV候補。7月の鳴門オーシャンカップで久しぶりのSG優出を果たし、改めて存在感をアピールした。そしてコース取りからワクワクさせてくれるガッツマン・深川もV候補の一角。他のドリーム戦メンバーも強力モーターをゲットできればチャンスは広がる。

今節は6選手だけの参戦でやや手薄な地元勢だが、そこは地の利を生かしたい。注目したいのは中村泰平(愛知)、吉田裕平(愛知)、前田篤哉(愛知)の20代トリオで下剋上に期待。

守田俊介(もりたしゅんすけ)選手

モーターボート大賞2020〜昭和VS平成〜(常滑G2)1

山口剛(やまぐちつよし)選手

モーターボート大賞2020〜昭和VS平成〜(常滑G2)2

中村泰平(なかむらたいへい)選手

モーターボート大賞2020〜昭和VS平成〜(常滑G2)3

モーターボート大賞2020〜昭和VS平成〜(常滑G2)のアクセス

開催競艇場

ボートレース常滑(常滑競艇場)

住所

〒479-8501 愛知県常滑市新開町4-111

電話番号

0569-35-5211

車でのアクセス

常滑I.Cから約5分
原松町から約5分

電車でのアクセス

名鉄常滑線及び名鉄空港線「常滑駅」から徒歩約5分

ボートレース常滑(常滑競艇場)については詳しくはここでまとめてるから見てなー

ボートレースとこなめ(常滑競艇場)を完全攻略!特徴・コースデータ情報あり!アクセス方法・グルメ等の情報完備!2019年オーシャンカップ開催!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。