悪徳競艇予想サイトから返金はできるのか!?実際に返金してみた!返金の手順や方法は?ほんとに返金はできるの?(体験談あり)

悪徳競艇予想サイトから返金してみた。

今回は悪徳競艇予想サイトで詐欺にあったら返金できるのか、その手順について記事にしていこうと思う。
俺のサイトでも記事に載せてるように、悪徳競艇予想サイトはかなりたくさんある。
その詐欺、捏造の手段も多い
あいつらは優良競艇予想サイトを装ってくるから、引っかかってしまう人もたくさんいるはずだ。
悪徳競艇予想サイトを見極める能力を身に着けるのが一番なんだが、
俺も1000万円騙されてたときに返金を試みたことがある
俺も経験談を踏まえて記事を書くから見て参考にしてくれ。
悪徳競艇予想サイトを見極める能力を身に着けるのが一番だ。

実際に競艇予想サイトで返金はできるのか

大体の競艇予想サイトの利用規約にはこう書いてある。

「如何なる場合においても、情報料の返還、ポイントの換金は行わないものとします。」

基本的には返金等はできない規約になっている。
でも、例えば情報の公開と、レースの締め切り時間が近すぎて舟券を購入できなかった場合は?
購入した情報の公開時間が15時頃と書いてあって、レースの締め切り時間が11時だった場合は?
メールには100%的中、絶対当たるって書いてあったのに、不的中だった場合は?
そんな理不尽なことがあったら返金したいって思うのが普通だよな。
悪徳競艇予想サイトが詐欺罪で損害賠償請求が認められた例もあるし。
行動してみよう。

そうやって悪徳競艇予想サイトをつぶしていこう。

まずは証拠を集める。

やり取りのメール、買い目メールの着信時間、買い目の公開ページと時間、レースの締め切り時間の画像、もし電話したのなら録音もできたらしておこう。
通話録音アプリもたくさんの種類があるから簡単にできるはず。
返金の為の準備だ

消費者生活センターに連絡

消費者庁に消費者生活センターという組織がある。
悩まずにまずは消費者ホットライン「188」番に連絡しよう。
ただここに連絡しても解決はしない。
あくまで相談窓口だからね。そういう専門家はいないらしいよ。
これからどうすれば返金まで持っていけるかってポイントを教えてくれるだけ。
でも他にも同じ悪徳競艇予想サイトからの被害が報告されてるかもしれないし、そうすれば警察が動くきっかけになるかも。
実際に消費者センターに相談したら、集めた証拠を持って警察に相談しなさいって回答が来た。

警察に通報・相談

消費者センターに警察に相談しろって言われた旨と、さっき集めた証拠を持って、警察に競艇予想サイトで騙された、詐欺ですって相談しにいこう
警察に行く理由は、被害届を出す為だ。
後々返金されるってなった時に被害にあっていたということを証明するために絶対必要になる。
悪徳競艇予想サイトが詐欺の事実を認めたときに誰が被害者なのかわからなくなっちゃうから、ここ重要。

被害届は自宅近くの警察署で記入し提出する。まず電話して、必要になるものを聞いておくといいだろう。

ここで用意しておくものはこれ
・買い目のスクショ、もしくはコピー
・やりとりのメールのスクショ、もしくはコピー
・詐欺にあった日時
・詐欺にあった時の状況
・悪徳予想サイトのURL、メールアドレス
・口座振り込みだった場合、口座番号

情報不足で被害届受理されない可能性あるから、二度手間になりたくなかったら必要なものしっかり聞いておくように。

ちなみに警察が悪徳競艇予想サイトを捕まえて返金までもっていってくれることはないだろうけどね。
消費者センターのところで書いたみたいに、他にも詐欺被害の報告がたくさん上がってれば話は別だけど、基本的に警察は動かないと思ってたほうがいい。
あくまで警察に行くのは被害届を出す為だけ。

ただ、もし犯罪として認められた場合は、被害回復給付金支給制度が適応できるかも。
「犯罪者から剥奪した犯罪被害財産を現金化して給付金の為の資金として保管し、詐欺被害を受けた人に給付する制度」
っていう制度。
今までは犯罪集団が犯罪で得たお金は公的に剥奪できなかったんだけど、今は犯罪財産を剥奪して被害者に分配できるようになった。
何回も言うけど、悪徳競艇予想サイトからの返金を受けるためには被害届が重要だ。
警察は正直役に立たない、直接動くことはない。

弁護士に相談・民事訴訟を検討

その道の専門家、弁護士に相談してみよう。詐欺事件の解決や被害金の返還の実績のある弁護士を探すんだぞ。
重要なのは、すぐに依頼しないこと。まずは相談だ。
今回の悪徳競艇予想サイトの返金について、何から始めればいいか、状況に応じた的確なアドバイスをもらえる
この時点で、民事訴訟をしても勝てる見込みがない、情報をもっと集めなきゃいけないとか課題が出てくることが多い。

相談料金は弁護士によって違うけど、大体の場合、初回は無料。2回目以降は5,000円~10,000円くらいが相場だな。
弁護士によって高かったり安かったりするけど、それで弁護士の質が変わることはないから実績や経歴を見て慎重に選ぼう
この人ダメだと思ったら、違う弁護士のところにいくこと。

それで民事訴訟するかどうか。
被害金額が140万円以下の場合は簡易裁判所が使える。

ここからは弁護士の仕事だけど、流れとしては、
・裁判所に、請求の趣旨や詐欺被害を受けた事実等を記載した訴状を提出
・訴訟が受理されたら民事裁判スタート
・和解もしくは判決。

最終的には専門家に頼ることも大事だ。
でも被害額が少額すぎる場合は弁護士も商売だから断られる可能性もある。
そして高額な相談料を請求する悪徳な弁護士による二次被害にも注意だ。

 

 

今回は悪徳競艇予想サイトからの返金について俺の経験談を基に記事を書いてみた。
悪徳競艇予想サイトが増えてきて、根拠のない「全額返金保証」なんて文言をよく見かける。安心感を与えるだけの妄言だから信じちゃダメだ。


ちなみに俺はこの方法でも返金はできなかった。

消費者センターに証拠を持って相談に行き、そこで話を色々聞かれたけど、具体策は何も出ず。

警察に相談に行き、被害届は出したものの、警察は全く動く気配なし。

弁護士に相談したけど、最終的にそれだけの証拠じゃ具体的に動けないね~と断られた。
何度も相談に行かされ、相談料もだいぶかかった。

 

結果、時間もお金もかかって何も解決しなかった。

 

詐欺を詐欺と立証するのはなかなか難しい。
大切なことは、悪徳競艇予想サイトを利用しないこと。

その為に必ず検証、確認をするこ

そして競艇投資で挽回すること。

俺のサイトで検証記事載せてるし、優良な競艇予想サイトも載せてるから参考にしてくれ。

俺も1000万円の借金を競艇投資で返済した。悪徳競艇予想サイトで騙されたやつ、競艇予想サイトでの稼ぎ方が知りたいやつは俺にLINEしてー

友だち追加

 

これが俺が使って勝った競艇予想サイトね

俺が使って勝った競艇予想サイト一覧

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。