11月9日更新!俺氏のガチ収支まとめ!収支表、実際の買い目あり!
8月月間利益:5,922,190円
9月月間利益:8,631,730円
10月月間利益:¥10,348,344

江戸川634杯2020モーターボート大賞(江戸川G2)の予想!速報!出場選手、賞金、展望、アクセス情報まとめ

江戸川634杯モーターボート大賞(江戸川G2)アイキャッチ

江戸川634杯2020モーターボート大賞(江戸川G2)の予想

江戸川634杯2020モーターボート大賞(江戸川G2)とは

その年にSG競走や周年記念を除くGI競走を開催しない競艇場で開催されるGII競走のことだ!
開催する競艇場は前年の梅雨時にSG競走、プレミアムGI競走開催地と同時に発表される。

 

初日・2日目の最終12Rには、上位着順になると予選を通過しやすくなるドリーム戦も行われる。

ちなみにドリーム戦が2日間でWドリームやな

江戸川634杯2020モーターボート大賞(江戸川G2)の開催期間

2020年6月30日(火)〜7月5日(日)

江戸川634杯2020モーターボート大賞(江戸川G2)の開催期間

2020年6月30日(火)〜7月5日(日)

江戸川634杯2020モーターボート大賞(江戸川G2)の出場資格

地元地区の選手を中心としたA1級、A2級の選手が選出される。

江戸川634杯2020モーターボート大賞(江戸川G2)の出場選手

早速選手を見ていくぞ!
登録番号 選手名 級別
3256 三角哲男 A1
3445 加藤高史 A2
3548 室田泰史 A2
3685 荒井輝年 A1
3699 富永正人 A2
3716 石渡鉄兵 A2
3769 佐竹恒彦 A2
3834 細川明人 A2
3903 白石健 A2
3907 村越篤 A2
3940 飯山泰 A1
3959 坪井康晴 A1
3966 作間章 A2
3978 齊藤仁 A1
3983 須藤博倫 A1
4019 笠原亮 A1
4049 荒川健太 A1
4053 芦澤望 A2
4061 萩原秀人 A1
4066 東本勝利 A2
4069 山本修一 A1
4082 濱崎誠 A2
4101 三井所尊春 A1
4150 山田雄太 A2
4161 黒柳浩孝 A2
4171 榎幸司 A1
4290 稲田浩二 A1
4311 岡村仁 A1
4318 桑原将光 A2
4335 若林将 A1
4352 下條雄太郎 A2
4364 池永太 A1
4384 鶴本崇文 A1
4388 是澤孝宏 A2
4394 永嶋裕一 A2
4430 永田秀二 A1
4459 片岡雅裕 A1
4460 後藤翔之 A1
4483 北野輝季 A1
4535 北山康介 A2
4543 重木輝彦 A2
4608 荒井翔伍 A1
4679 植田太一 A2
4688 永井彪也 A1
4711 前出達吉 A2
4715 村上遼 A2
4734 安河内将 A1
4748 渡邉雄朗 A2
4821 妻鳥晋也 A2
4824 松井洪弥 A2
4850 野中一平 A1
4939 宮之原輝紀 A1

江戸川634杯2020モーターボート大賞(江戸川G2)の賞金

優勝賞金は400万円

江戸川634杯2020モーターボート大賞(江戸川G2)の展望

以下、公式サイト引用

“江戸川鉄兵”こと石渡を筆頭に東京勢が「15名」と大挙参戦!
遠征勢では実績最上位の坪井と絶好調男の池永に注目だ!

1月に実施されたG1戦(江戸川大賞・開設63周年記念)に続く、2019年の当地特別戦【第2弾】の「G2江戸川634杯・モーターボート大賞」が5月14日(火)に開幕を迎える(※6日間の3準優制にて開催)。なお、当節の直後にSG戦(福岡ボートレースオールスター)が控えている関係で“大駒”と呼べる選手の参戦は少ないものの、数多くの“江戸川巧者”が集結しており、白熱した質の高いレースが展開されるのは必至だ。

なお、初日(ドリームレーサー賞)と2日目(ゴールデンレーサー賞)に“Wドリーム戦”が実施されるが、まず「15名」が出場する地元の東京支部勢では、ドリーム戦にもエントリーしている石渡鉄兵・若林将・齊藤仁・後藤翔之の4選手がシリーズリーダーの座を争うのは間違いない。

中でも、満場一致の“主役”は石渡だ。現在はA2級に陥落(※前期が出走回数不足のため)していることで一般戦回りではあるものの、4月21日の時点で「11優出&4V」と優出ラッシュで、自身初の「8点勝率」を狙えるほど絶好調。各地でコンスタントにモーターが出せていることに加えて、レースぶりにも一切隙がない。

その石渡は、当地正月開催の「新春金盃」で自身初の“完全V”を飾り、江戸川の一般戦は現在「4連続V」と他を寄せ付けない異次元の強さを誇る。江戸川の特別戦においては、2012年7月の「57周年記念」以来、優勝から遠ざかっているものの、絶好調モードを継続している“江戸川鉄兵”が当シリーズを制する確率はかなり高そうだ!

“ワントップ”として君臨する石渡を、若林・齊藤・後藤の3者が追撃する。特に、1月の当地「63周年記念」で“G1初制覇”を達成した若林は、その2節後に走った平和島のG1戦(関東地区選手権)でも優出と、今期は充実一途と言える航跡を歩んでいる。理想とする「伸び型」に仕上がれば鬼に金棒だが、当地周年を完全な「出足型」で制したように戦法の幅が広がっており、当地特別戦“連覇”へ気合は十分だ!

「回り足重視」の調整で臨む齊藤も当地戦の成績は安定しており、昨年のGWシリーズを「2コース差し」で制している。当節も道中勝負を織り交ぜた機敏なハンドルワークを駆使して、準優(ベスト18)入りを外すことはなさそうだが、悲願の“地元特別制覇”を虎視眈々と狙っている。

後藤は3月の若松でFを付けてしまったが、前期は「3V&7点ペース」と好調だった。近況の当地戦はチルトを跳ね上げた“伸び仕様”に新境地を見い出し、前回1月の「63周年記念」では予選1位通過を決めたほど。その周年は準優戦でまさかの敗退(4着)を喫しただけに、雪辱へ熱く熱く燃える6日間になってくる。

石渡鉄兵(いしわたてっぺい)選手

江戸川634杯モーターボート大賞(江戸川G2)1

若林将(わかばやししょう)選手

江戸川634杯モーターボート大賞(江戸川G2)2

齊藤仁(さいとうじん)選手

江戸川634杯モーターボート大賞(江戸川G2)3

後藤翔之(ごとうしょうし)選手

江戸川634杯モーターボート大賞(江戸川G2)4

江戸川634杯2020モーターボート大賞(江戸川G2)のアクセス

開催競艇場

ボートレース江戸川(江戸川競艇場)

住所

〒132-0033 東京都江戸川区東小松川3丁目1-1

電話番号

03-3250-3500

車でのアクセス

首都高速7号線小松川出口から約10分
首都高速中央環状線船堀出口から約10分
首都高速中央環状線清新町出口から約10分

電車でのアクセス

JR総武線「平井駅」北口から約15分
地下鉄東西線「西葛西駅」南口から約10分
都営新宿線「船堀駅」から約5分

ボートレース江戸川(江戸川競艇場)については詳しくはここでまとめてるから見てなー

江戸川ボートレース場(江戸川競艇場)を完全攻略!特徴・コースデータ情報あり!アクセス方法・施設の情報完備!江戸川大賞開催地。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。