9月18日更新!俺氏のガチ収支まとめ!収支表、実際の買い目あり!
7月月間利益:8,958,140円
8月月間利益:5,922,190円

オールジャパン竹島特別2020開設65周年記念競走(蒲郡G1)の予想!速報!出場選手、賞金、展望、アクセス情報まとめ

オールジャパンアイキャッチ

オールジャパン竹島特別2020開設65周年記念競走(蒲郡G1)の予想

オールジャパン1

オールジャパン竹島特別2020開設65周年記念競走(蒲郡G1)とは

周年記念競走とは競艇場の開設を記念して、各競艇場で毎年度1回行われるもので、「周年」って略して呼ぶことが多くて、名称はそれぞれの会場がつけている。

 

SGやプレミアムGIが開催されないレース場では、1年の中で1番のメインイベントとなる特大レースだ!

 

ボートレース蒲郡(蒲郡競艇場)で開催される周年記念競走がオールジャパン竹島特別である。

 

また、初日12Rには上位着順になれば予選を通過しやすくなるドリーム戦も行われる。

オールジャパン竹島特別2020開設65周年記念競走(蒲郡G1)の開催期間

2020年 4/14(火)〜4/19(日)

オールジャパン竹島特別2020開設65周年記念競走(蒲郡G1)の出場資格

原則A1選手の主催者推薦のレーサー

オールジャパン竹島特別2020開設65周年記念競走(蒲郡G1)の出場選手

早速選手を見ていくぞ!

オールジャパン竹島特別2020開設65周年記念走(蒲郡G1)の出場選手

登録番号 選手名 級別
3251 平石和男 A1
3622 山崎智也 A1
3780 魚谷智之 A1
3783 瓜生正義 A1
3897 白井英治 A1
3940 飯山泰 A1
3941 池田浩二 A1
3946 赤岩善生 A1
3960 菊地孝平 A1
3961 谷村一哉 A1
3966 作間章 A1
4028 田村隆信 A1
4044 湯川浩司 A1
4061 萩原秀人 A1
4063 市橋卓士 A1
4074 柳沢一 A1
4083 福島勇樹 A1
4084 杉山正樹 A1
4101 三井所尊春 A1
4136 江夏満 A1
4148 枝尾賢 A1
4168 石野貴之 A1
4172 森定晃史 A1
4188 久田敏之 A1
4205 山口剛 A1
4262 馬場貴也 A1
4278 藤岡俊介 A1
4290 稲田浩二 A1
4308 河村了 A1
4320 峰竜太 A1
4337 平本真之 A1
4342 谷野錬志 A1
4344 新田雄史 A1
4371 西山貴浩 A1
4398 船岡洋一郎 A1
4415 下出卓矢 A1
4418 茅原悠紀 A1
4430 永田秀二 A1
4442 松竹大輔 A1
4524 深谷知博 A1
4547 中田竜太 A1
4566 塩田北斗 A1
4573 佐藤翼 A1
4604 岩瀬裕亮 A1
4686 丸野一樹 A1
4760 山崎郡 A1
4787 椎名豊 A1
4808 松尾拓 A1
4812 西野雄貴 A1
4908 上田龍星 A1
4914 吉田裕平 A1

初日4/14(火)12Rドリーム戦出場選手

登録番号 選手名 級別
3941 池田浩二 A1
3783 瓜生正義 A1
3897 白井英治 A1
4320 峰竜太 A1
4168 石野貴之 A1
4028 田村隆信 A1

オールジャパン竹島特別2020開設65周年記念競走(蒲郡G1)の賞金

優勝賞金は900万円

プレミアムGI競走を除くGI競走の中では最高額だ。

オールジャパン竹島特別2020開設65周年記念競走(蒲郡G1)の展望

レース公式サイトから一部引用

2020年度となり東海地区では初となるG1レースが開幕。今回のオールジャパン竹島特別2020開設65周年記念競走では豪華メンバーが集結した。
地元のエース池田浩二(いけだこうじ)をはじめ、石野貴之(いしのたかゆき)選手、峰竜太(みねりゅうた)選手、白井英治(しらいえいじ)選手、瓜生正義(うりゅうまさよし)選手、菊地孝平(きくちこうへい)選手、馬場貴也(ばばたかのり)選手らボート界を代表するスターたちが参戦する。

 

地元のエースとして遠征勢を迎え撃つのが池田浩二(いけだこうじ)選手だ。
昨年10月に若松周年で右足を負傷したが、正月の常滑でVを挙げると、2月平和島でもV。
記念戦線では1月徳山周年で優出、2月当地で行われた東海地区選では2コースから差してVと、健在ぶりをアピールした。
ケガの後も不安のない走りを見せており、着実に復調している。勝手を知る地元水面なら実力も割り増し。
ボート界屈指のスピードターンで水面を席巻して貫禄を示す。

 

2019年グランプリ覇者である石野貴之(いしのたかゆき)選手の参戦もひとつの目玉である。昨年の上半期は思った以上に成績が上がらず苦戦する場面も目立ったが、緻密な努力が実りスタート力が向上して、実力の底上げに成功。
チャレンジカップVでグランプリに滑り込みで出場すると、大舞台での勝負強さを発揮して初のグラン
プリ覇者に輝いた。
そして、今年は若松ダイヤモンドカップを優勝して最高のスタートを切った。
今回のオールジャパン竹島特別2020開設65周年記念競走では、ボート界トップクラスの攻撃を繰り出して水面制圧に出る。

 

ボート界の一番星である峰竜太(みねりゅうた)選手の参戦も楽しみである。
昨年は特別戦線で11回の優出を果たすなど、ボート界の顔として1年を通して活躍。
当地では15年メモリアル優勝戦で、篠崎元志との壮絶なV争い(2着)が記憶に鮮明に残る。
当地ではどこか苦手意識があるのか、意外にも優勝はゼロだ。
しかし、大舞台に強いスターなら、初VがG1でも何も不思議ではない。

池田浩二(いけだこうじ)選手

オールジャパン2

石野貴之(いしのたかゆき)選手

オールジャパン3

峰竜太(みねりゅうた)選手

オールジャパン4

この3人の実力はほぼ拮抗しているぞ!

オールジャパン竹島特別2020開設65周年記念競走(蒲郡G1)のアクセス

開催競艇場

ボートレース蒲郡(蒲郡競艇場)

住所

〒443-8503 愛知県蒲郡市竹谷町太田新田1-1

電話番号

050-3540-0507

車でのアクセス

・名豊道路「蒲郡西I.C」より323号線で約10分

・東名高速道路「岡崎I.C」より248号線で約30分
・東名高速道路「豊川I.C」より蒲郡方面に約30分
・東名高速道路「音羽蒲郡I.C」よりオレンジロード経由で約15分

電車でのアクセス

・JR「蒲郡駅」から無料送迎バスで約10分

・JR「三河塩津駅」から徒歩で約5分

ボートレース蒲郡(蒲郡競艇場)については詳しくはここでまとめてるから見てなー

蒲郡競艇場(ボートレース蒲郡)を完全攻略!特徴・コースデータ情報あり!アクセス方法・施設の情報完備!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。